トップへ

ホームインスペクション

建物状況調査(インスペクション)

最近よく耳にするホームインスペクションですが、皆さん何の事だかわかりますか?

ここでは、建物状況調査の具体的な内容等についてご説明いたします。

宅地建物取引業法(以下「宅建業法」といいます。)の一部を改正する法律が2018年4月に施行され、既存住宅の取引において建物状況調査の活用が促されます。
「建物状況調査」とは既存住宅の基礎、外壁等の部位毎にひび割れ、雨漏り等の劣化事象・不具合事象の有無を目視、計測等により調査するものです。
建物状況調査を行うことで調査時点における住宅の状況を把握したうえで取引(売買)を行うことができ、既存住宅の流通が促進されるものと考えられます。

  • コンクリート部分のクラック等を確認
    外壁のシーリング材やひび割れを確認
  • 屋根や軒裏を見える範囲で確認(戸建住宅)
  • バルコニーの状況を確認
  • コンクリートの非破壊検査を実施(条件に応じて実施)
  • 室内の壁、天井等の雨漏り跡を確認
  • 1階床下点検口、各階天井点検口内の確認(戸建住宅)
  • 床、柱等で著しい傾斜の有無を確認 

    ◇弊社専属のFPによるライフプラン設計(無料!)弊社ではご購入後も満足していただけるように

    購入プランを専属ファイナンシャルプランナーと共に立てていきます。税金や支払いプラン、

    保険のことなど、何でもご相談ください。
    ライフプラン設計からから皆様のマイホーム購入を応援します!

    ◇住宅ローンアドバイザー・司法書士・行政書士・税理士による何でも相談会随時開催中!(まずはお気軽にご予約ください!)

    ◇中古住宅購入に安心していただけるように、弊社ではホームインスペクションを行います(費用は弊社負担)

    ◇弊社では買取強化中!!買い替えのご相談もお気軽に♪♪